マーベラスプロデューサーがデーモンxマキナゲームの続編の可能性について語る-ニュース


2019年にSwitchで発売されたオリジナルゲーム、 蒸気 2020年に

マーベラスエンターテインメント プロデューサーの佃健一郎が同社の続編の可能性について語った デーモンXマキナ ゲーム 火曜日の最初のゲームの2周年記念ライブストリームイベント中。 附田祐斗は、ビデオ(下のビデオの1:05:30マーク)で、「これは発表ではありませんが、強力な宣言をしたいのですが… [we will make] フランチャイズの「2」というより次の作品」と述べ、プロジェクトに新入社員を追加したいと述べ、「基本的にこの宣言をしたが、時間がかかるだろう」と述べて声明を締めくくった。 。」


ゲーム 発売 のために 任天堂 2019年9月に切り替えます。ゲーム 発売 PC用 蒸気 2020年2月。



スポンサーリンク


アニメスタジオ サテライト ((マクロスFRONTIER水族館)。 アニメーション プロローグ ビデオ ゲームのために。

マーベラスエンターテインメント ゲームについて説明します。

月が引き裂かれたとき、空は光で赤く染まり、終末論的な新しい時代を迎えました…そして生き残るために、あなたは戦わなければなりません。 傭兵として、完全にカスタマイズ可能なメカであるアーセナルのコックピットからの一連のミッションで、破損したロボットとの高速戦闘を通じて地球を守ります。 アーセナルに膨大な数のパーツと武器を装備し、ダウンした敵のアーセナルからより多くのものを入手し、絶えず増大する脅威に直面した戦略に合わせて、その場でそれらを交換します。

Shoji Kawamori ((マクロス)は機械設計者であり、 コザキユースケ ((ファイアーエムブレム)キャラクターをデザインしました。 中鶴潤一と濱本理郎が作曲。 粟田健とカルベケンがゲームを監督した。 附田祐斗がゲームをプロデュースした。

出典:Marvelous First Studio’s YouTube チャネルゲームトーク 経由 シリコネラ




Source link

日本のエンタメカテゴリの最新記事