米国は世界のリーダーに70%の世界的なCOVID-19ワクチン接種目標を受け入れるように促します


ロイターが火曜日に閲覧した米国の文書草案によると、米国は世界のリーダーに、COVID-19パンデミックを終わらせるための野心的な目標を支持するよう促しています。

3ページの概要は、今週から始まる国連総会の傍らで米国が計画した仮想COVID-19サミットに招待された国、国際機関、民間部門グループに向けられています。

この文書はまた、「関連する能力」を持つ国々に、10億回の追加ワクチン投与を寄付し、すでにコミットされている20億回の投与を促進するよう求めています。

ホワイトハウスの副報道官であるカリーヌ・ジーン・ピエールは、70%の予防接種目標を確認しましたが、サミットや文書についての詳細は明らかにしませんでした。 新しい目標を最初に報告したニューヨークタイムズは、世界の指導者へのサミットの招待状が先週送られたと言いました。

米国の文書は、ワクチンの準備とワクチンの躊躇と戦うために、2021年に少なくとも30億ドル、2022年に70億ドルが利用可能になるようにすることをより豊かな国に求めています。

その他の重要な目標には、2021年末までに毎週1,000人に1人がテストされるようにすること、および2021年にすべての医療従事者がマスクなどの個人用保護具にアクセスできるようにするためのサージ容量を構築することが含まれます。

草案はまた、より豊かな国々に、バルク液体酸素の供給を強化するために20億ドルを提供し、2022年までに少なくとも10億のテストキットを低中所得国に寄付し、30億ドルのCOVID-19治療薬を2022年。

民間部門に対し、来年末までに酸素システムの供給を増やすための20億ドルの世界戦略に資金を提供し、貧しい国で1キット1ドル以下でテストキットを利用できるようにすることを求めた。

先月、国際通貨基金、世界銀行、その他の国際グループは、世界の指導者にワクチン接種を加速するよう促し、ほとんどの低所得国の成人の2%未満がワクチン接種を受けたのに対し、高所得国ではほぼ50%であると警告しました。 彼らはまた、約束された用量の10%未満が実際に出荷されたと述べた。

多くの国が市民への予防接種に苦労しているアフリカは、ドナー資金による接種が到着するのを待つのではなく、COVID-19ワクチンを購入したいと考えている、とアフリカ連合(AU)は同日、生産者に大陸に公正を与えるよう求めた。市場アクセスで撃った。

アフリカ連合はまた、裕福な国々が利用可能な線量を食いつぶしているので、大陸がコロナウイルスジャブへのアクセスにおける明白な不平等に対処し始めることができるように、製造国に輸出禁止を解除するよう促した。

「ワクチンの共有は良いことです。 しかし、ワクチンの共有に頼る必要はありません」と、AUのCOVID-19特使であるStrive Masiyiwaは、ジュネーブの世界保健機関での記者会見で語った。

「同じメーカーから購入したい。」

主要なCOVId-19ワクチン生産者は、パンデミックを終わらせるための公平なアクセスを確保する道徳的責任を負っていますが、「これらのメーカーは、適切なアクセスを提供しなかったことをよく知っています」と彼は言いました。

AFPの計算によると、アフリカでは100人あたりわずか9回のワクチン接種が行われています。



スポンサーリンク


この数字は、米国とカナダでは100人あたり118回の投与量に相当します。 ヨーロッパでは104; アジアでは85人。 ラテンアメリカとカリブ海では84。 オセアニアで69、中東で54。

WHOのテドロス・アダノム・ゲブレイエス事務局長は、アフリカ諸国は「世界の他の国々に取り残されてきた」と述べた。

国連保健機関の長は、ワクチンで十分にカバーされていないアフリカを離れる危険性を説明しました。

「これはアフリカの人々を傷つけるだけでなく、私たち全員を傷つけます」と彼は言いました。



スポンサーリンク


「ワクチンの不公平が長引くほど、ウイルスは循環し変化し続け、社会的および経済的混乱が長く続き、ワクチンの効果を低下させるより多くの変異体が出現する可能性が高くなります。」

アフリカ疾病管理予防センターの所長であるジョン・ヌケンガソン氏は記者会見で、適格なアフリカの人口の3.5%弱が完全にワクチン接種されていると語った。

WHOは、年末までにすべての国で40%が完全に免疫化され、2022年半ばまでに世界の人口の70%が免疫化されることを望んでいます。

それは、より多くの人々が代わりに最初の投与を受けることを可能にするために、12月末まで追加のブースターショットの投与を延期することを各国に求めています。

AUは、アフリカのCOVID-19ワクチン取得タスクチーム(AVAT)を設立し、ドナーが資金提供するグローバルCOVAXプログラムと並行して実行するプログラムで加盟国のジャブを購入しました。

マシイワ氏は、アフリカも独自の製造能力を確立していると述べ、公益として、ワクチンの知的財産権の一時的な放棄を求めた。

しかし、ワクチン供給業者と交渉しているジンバブエの電気通信界の大物は、輸出制限を解除することで、アフリカがより多くの用量にすぐにアクセスすることを妨げる最も差し迫った問題を取り除くだろうと述べた。

彼は次のように述べています。「これらのワクチンを入手できたことは大きな奇跡でした。 今、この奇跡を全人類が利用できるようにしましょう。」

誤った情報と多すぎる情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)





Source link

日本のニュースカテゴリの最新記事