コロナウイルスは動物から人間に年間40万回ジャンプする、と研究は主張している


スピルオーバーイベントによるパンデミックの脅威が続いていることを強調した研究によると、中国と東南アジアでは、COVID-19の原因となるコロナウイルスに関連するコロナウイルスを運ぶ動物が毎年数十万人に感染している可能性があります。

エコヘルスアライアンスとシンガポールのデューク-NUSメディカルスクールの研究者は、ピアレビューの前に木曜日に発表された研究で、このような感染症は毎年平均40万件発生し、軽度または症状がなく、人と人の間で簡単に伝染しないため、ほとんどが認識されていないと述べています。出版物。 それでも、各スピルオーバーは、COVID-19で見られるのと同様の発生につながる可能性のあるウイルス適応の機会を表しています。

病気の原因となるウイルスがどこでどのように出現したかという問題は特に論議を呼んでおり、一部の指導者は病原体を研究している中国の武漢にある研究所からの架空の漏出を非難している。

米国国立アレルギー感染症研究所の支援を受けたこの研究は、コウモリがSARS-CoV-2のようなウイルスの主な宿主動物であり、ねぐらの近くに住む人々が特に脆弱であるという証拠に基づいています。

「これはおそらく、人々がコウモリからSARS関連コロナウイルスに感染する頻度を推定する最初の試みです」と、研究に関与しなかったシドニー大学の進化生物学者であるエドワードホームズは言いました。人間は継続的にコウモリにさらされています。コロナウイルスは、「適切な状況が与えられれば、これらのうちの1つが最終的に病気の発生につながる可能性がある」と述べた。

コロナウイルスに感染する可能性のある約20種のコウモリは、テキサスの6倍以上の大きさのアジアの地域に生息しており、中国南部とミャンマー、ラオス、ベトナム、インドネシアの一部がスピルオーバーのリスクが最も高いと考えられています。

ニューヨークを拠点とするEcoHealthAllianceのPeterDaszakらは、コウモリの分布モデリングと生態学的および疫学的データを使用して、SARS関連コロナウイルスへの曝露のリスク、および中国、東南アジア、東南アジア。

「個々の感染のレベルでこれを止めることができれば、次のパンデミックを止める可能性がはるかに高くなる」とダザックは火曜日にズームのインタビューで述べた。

このアプローチは、野生生物からヒトへのスピルオーバーイベントの体系的なリスク評価の概念実証と、野生生物、家畜、およびヒトの対象を絞った監視のために優先順位を付けることができる主要な地理的領域を特定する戦略を提供します。

「COVID-19の起源とSARS-CoV-2が人々に波及した経路を特定するという課題を考えると、このアプローチは、波及が最初に発生した地理的場所を特定する取り組みにも役立つ可能性があります」と彼らは研究で述べた。

コロナウイルスに感染する可能性のある約20種のコウモリは、テキサスの6倍以上の大きさのアジアの地域に生息しており、中国南部とミャンマー、ラオス、ベトナム、インドネシアの一部がスピルオーバーのリスクが最も高いと考えられています。  |  AFP-JIJI
コロナウイルスに感染する可能性のある約20種のコウモリは、テキサスの6倍以上の大きさのアジアの地域に生息しており、中国南部とミャンマー、ラオス、ベトナム、インドネシアの一部がスピルオーバーのリスクが最も高いと考えられています。 | AFP-JIJI



スポンサーリンク


競合する理論

新しいコロナウイルスが中国中部の武漢市の人々に感染し始めてからほぼ2年後、科学者たちはまだパンデミックの起源を特定していません。

野生生物源の理論を支持するダザックは、武漢ウイルス研究所の国立衛生研究所が資金提供した研究室での研究に協力したことで批判されており、一部の科学者は前駆ウイルスの作成につながった可能性があると述べています。

ラボリーク理論を裏付ける証拠は出ていない。 先月、米国の諜報機関は、SARS-CoV-2が生物兵器として中国によって開発された可能性を否定しましたが、その起源についてはコンセンサスが得られませんでした。

ダザックの調査によると、東南アジアでは年間5万人のバットから人間へのスピルオーバーイベントが発生すると推定されており、その数は数百万に達する可能性があるとのことです。

動物の仲介者

そのため、自然界での動物ウイルスへの曝露のリスクは、「実験室での曝露の可能性よりもはるかに大きい」とホームズ氏は述べた。 考えられるすべての「中間」動物種を考慮に入れると、曝露のリスクはさらに高くなります。」

調査によると、これらには、ミンク、ジャコウネコ、タヌキ、およびアジアで一般的に養殖され、食料や毛皮と交換されている他の哺乳類が含まれます。 2016年には、中国だけで1,400万人が野生生物の農業に従事しているとのことです。これは年間770億ドル相当の産業です。

調査によると、アジアでは、コロナウイルスを運ぶコウモリが生息する地域に約4億7800万人が住んでおり、ラオス、カンボジア、タイ、ベトナム、ネパール、ブータン、マレーシア半島、ミャンマー、中国南東部、インドネシア西部の島々をカバーしています。 。

Daszakらはこの研究で、中国の野生生物のサンプリングは近隣諸国よりもはるかに激しく、その多くはスピルオーバーイベントのリスクを高めることが知られている「動的な社会的および環境的変化」を受けていると述べた。



スポンサーリンク


「これは、ウイルスを見つけて 『この国は世界の他の地域にとってリスクが高い』と言うことではありません。これは、危険にさらされている国内のコミュニティを見つけて、感染を阻止しようとすることです。それらのコミュニティの人々が公衆衛生上の脅威を減らすのを助けること。」

誤った情報と多すぎる情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)





Source link

日本のニュースカテゴリの最新記事