パンデミックの中で供給不足により日本でインフルエンザワクチンが遅れた


保健省当局者によると、インフルエンザワクチンの供給は、世界的に原料が不足していることもあり、今シーズンは前年よりも遅いペースで供給されると見込まれている。

日本では昨年、季節性インフルエンザの発生は見られませんでしたが、一部の専門家は、新しいコロナウイルスとインフルエンザの感染がこの冬に同時に広がる可能性があることを懸念しています。 彼らは人々にインフルエンザの予防接種を受け、徹底的な感染予防策を実施するよう呼びかけています。

同省によると、今シーズン、国内では約5130万人から5580万人のインフルエンザの予防接種が行われる予定です。 今シーズンに供給されるインフルエンザワクチンの総量は、昨シーズンよりも少なくなると予想されますが、通常の年とほぼ同じです。

昨シーズンは約14,000人がインフルエンザにかかったと推定されていますが、平均年では1,000万人から2,000万人であり、2019-20シーズンの約7,285,000人の0.2%未満です。 国立感染症研究所(NIID)は、昨年の冬に日本でインフルエンザの流行は発生しなかったと結論付けました。

一方、専門家は、インフルエンザが今シーズン全国を襲うかどうかを予測するのは難しいと感じています。

6月、日本ワクチン学会は、インフルエンザが同時に発生した場合、特に高齢者、乳児、妊婦にインフルエンザの予防接種を受けるようにアドバイスすると、COVID-19パンデミックによって国の医療システムが圧倒される可能性があると警告しました。

先週の記者会見で、NIIDの脇田隆字長官は、「昨年は、新しいコロナウイルスとインフルエンザの同時発生は予想していなかったが、発生しなかった」と述べた。

「今シーズンの発生状況を予測することは非常に困難です」と彼は付け加えました。



スポンサーリンク


川崎医科大学の中野隆教授は、「昨シーズンの流行がなかったため、さまざまな年齢層でインフルエンザにかかりやすい人が増えているため、今シーズンはインフルエンザが広がる可能性がある」と述べた。インフルエンザの予防接種を受けることを検討します。

「COVID-19やインフルエンザ以外の感染症も冬に広がる傾向があります」と彼は言い、人々に感染管理対策を継続するよう促した。

誤った情報と多すぎる情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)





Source link

日本のニュースカテゴリの最新記事