東京パラリンピック:2度のチャンピオンであるジョニーピーコックがT64100mで共同銅メダルを獲得


会場: 東京、日本 日付: 8月24日-9月5日 東京での時間: BST +8
カバレッジ: Radio 5LiveとBBCSportのWebサイトでフォローしてください

ジョニー・ピーコックは、3年連続のパラリンピックスプリントタイトルを逃したため、東京のT64100mで共同銅メダルを獲得しました。

ロンドンとリオの金メダリストであるピーコックは、写真判定で両方とも10.786秒を記録したと判断された後、銅メダルをドイツのヨハネスフロアと共有しました。

彼らは決定が下されるまで3分以上待たなければなりませんでした。

「スプリントでメダルを共有できるとは思わなかった」とピーコック(28歳)は語った。

「それを受け入れるには2つの方法があると思うし、前向きであるなら、15歳のジョニーはこれにとても満足していただろう。

「それが11秒でパラリンピックの宣伝ではない場合、私は何であるかわかりません。

「私はそれがそのように続くことを期待します。私は世界記録が非常に、非常にすぐに破られるだろうと思います。」

ドイツのフェリックス・シュトレングは10.76のタイムで金メダルを獲得し、シャーマン・イシドロ・ギティ・ギティは銀メダルを獲得しました コスタリカ初のパラリンピックメダル-10.78個人ベスト。

ピーコックの東京での時間は、ロンドン(10.90)とリオ(10.81)の両方で金メダルを獲得したランよりも速かった。



スポンサーリンク


BBC周辺-サウンドBBCフッター周辺-サウンド





Source link

海外スポーツカテゴリの最新記事