千葉の嵐の日に都筑有夢路が銅メダルを獲得し、日本のサーファー五十嵐カノアが銀メダルを獲得


火曜日に熱帯低気圧ネパルタクが日本に上陸したことで、最初のオリンピックサーフィン大会の決勝戦にこれほどエキサイティングな日を求めることはできませんでした。 そして、ホストのために祝うことがたくさんありました、 五十嵐カノアと 男子大会では銀メダル、女子大会では都筑有夢路が千葉県鶴ヶ崎サーフィンビーチで銅メダルを獲得。

五十嵐と都築の両方が、激しく争われた準々決勝の試合でそれぞれの大会の準決勝に出場したため、サーフィンの夢は日本の早い段階で実現しました。

五十嵐は、準々決勝で準々決勝に勝利した後、記者団に対し、「今日は、競争相手との競争よりも、海との戦いの時代の1つですが、それが楽しいことです」と語った。

23歳の五十嵐はおなじみの海に乗っていた。鶴崎は、オリンピックで真剣に検討されるずっと前から、父親の故郷のサーフィンビーチだった。 しかし、準決勝での五十嵐の対戦相手は、WSLチャンピオンシップツアーでダブルワールドチャンピオンで16回優勝したブラジルのガブリエウメディナだったため、彼のメダルへの道は保証されていませんでした。

準決勝では、2つの初期の波がメディナに乗り越えられないように見えたリードを与えましたが、競争に参加するのに8分もかからず、五十嵐は巨大な空中トリックを開始しました。 10のうち9.33。

喜んでいる五十嵐は、メディナの16.76まで合計17.00で決勝に進んだ。 大きな混乱の中で、メディナはオーストラリアのオーウェンライトが銅メダルを獲得し、残念な4位でフィニッシュしました。

金メダルの試合は劇的なスタートでした。五十嵐の対戦相手であるイタロ・フェヘイラが最初の波でボードをスナップし、キャディに頼って別の波を持ってきて、彼が続行できるようにしました。 五十嵐はその瞬間を生かして4.50のスコアを出したが、新しいボードを足元に置いたフェレイラはすぐに高得点の波でリードを奪った。 フェレイラは力強い走りでプレッシャーを高め続け、五十嵐は勝ち線を引くためのきれいな帆布を見つけることができなかった。 フェレイラは15.14から6.60のスコアで金を獲得しました。

「周りの人から力を得て、メダルを獲得できてうれしい」と五十嵐は大会終了後に語った。 「しかし、私はまだがっかりしています。 自分のリズムを見つけることができませんでした。」



スポンサーリンク


ブラジルからの非常に人気のあるサーファーであるフェレイラは、父親の釣り用クールボックスの1つのプラスチック製の蓋でサーフィンをすることを学びました。 この27歳の選手は、2019年のワールドサーフリーグで世界タイトルを獲得しました。

女子準決勝では、都築は緊張したラウンドでアメリカのカリッサ・ムーアと対戦し、どちらのサーファーにも多くのポイントを与えなかった乗りやすい波のわずかな提供でした。 ムーアは都筑有夢路を8.33から7.43で破り、都筑有夢路はキャロライン・マークスとの銅メダルの試合に向かった。

20歳の都築は、嵐に襲われた乱流の中でマークスに対して、6.80から4.26のスコアで、当然のブロンズを勝ち取りました。

ムーアは女子決勝で南アフリカのビアンカ・ベイテンダグと対戦し、海の上に虹が現れたときに金を奪った。

オリンピックのサーフィン競技は30分のラウンド(メダルを獲得した試合では35分)に分割され、各サーファーの合計は、その期間内の2つの最高得点の波に基づいています。 可能な最大スコアは20で、10ポイントは個々のウェーブの完全なスコアを示します。

当初は予定されていた4日間のサーフィン大会に8日間が予定されていましたが、波が小さすぎる場合に備えて4日間は予約されていました。 熱帯低気圧ネパルタクが千葉海岸に一貫して2.5メートルのうねりをもたらし、主催者がより大きな波を最大限に活用するために決勝戦を1日進めたため、今日そのリスクはありませんでした。

2020年の東京オリンピックでデビューした新しいスポーツは、これまでのところ日本に豊富なメダルを提供してきました。 今週初め、堀米雄斗が男子ストリートスケートボードで金メダルを獲得し、西谷もみじが金メダル、中山楓奈が女子ストリートイベントで銅メダルを獲得した。

共同通信からの情報を追加

誤った情報と多すぎる情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ登録

フォトギャラリー(クリックして拡大)



スポンサーリンク






Source link

日本のスポーツカテゴリの最新記事